ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 Nao工房(Nao Mandolin)編の場合
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nao工房(Nao Mandolin)編の場合

 われらが、美濃の国にも、日の本はもとより世界に誇るルシアー

  Nao Mandolin

で有名な、ナオさん(安川氏)という方がおられます。

 私の氏に対する印象は、とても丁寧に楽器を作られる方であるというものでありますゾ。

細かいところまで、素晴らしいですゾ。音は言わずもがなですがな。

 少し前からナオさんがドブロを作っておられることは聞いており、機会があれば弾いてみたいなぁと思っておりました。

 なんと月に一度のジャム会に氏が来られるとのことで、出来上がったドブロを持ってきていただけるとのことですと。

 このジャム会は、有名な陶芸家の先生がいつも開催されるもので、わしのようなものでも参加させていただけるありがたいジャム会です。

 この先生はわしのような貧乏侍にも気さくに声をかけていただけるとてもええ方なのじゃ。

nao1.jpgnao2.jpgnao3.jpgnao4.jpg

 氏から聞いていたのは、まだ完成ではなく、
   ナットが仮止め
   指板もまだネジ締めされてなく指板に穴がある
   ボディはバーチのプライウッド(ムフフ、わし好みやがなぁっ!)

とのことでした。

 後、見て気づいたのは、まだ、テールピースが引っ掛けられているだけの状態でした。

 肝心の音については、サウンドウェル仕様ということもあるのでしょうが、今はやりの音というよりは、好きな人にはたまらないだろう少し前にJerryの音系だな。

 やっぱ、ドブロはバーチのプライも選択肢の一つですゾ。わしは好きだなぁ。
 
 わしの好きなGuernseymoもバーチのプライだし、これはわしの考えだが、ドブロは一次的に鳴るのは

  リゾネーターコーン

だからな。音響用のスピーカーにはよくバーチのプライが使われているはずじゃゾ。

 ドブロ、つまりリゾネーターギターも同じようなもんじゃないかとわしはおもっとるゾ。

 ちょっと今現在、ボディ鳴りはもう少し欲しいかなという気もするが、ネックのセット等、完璧にくみ上げられるとそのようになると思料されるゾ。

 わしがいつも気にする12f以上の高音フレットの後はさすがにナオさんの楽器だなってかんじですゾ。

 だからひょっとするとわしの好きなGuernsey系の音になるんかなぁなんて気がする。

 それにもちろん細かい作りが丁寧ですゾ。

しっかりしてからの音がどうなるかは、試してみなわからんが。

 まぁ、わし自身は今のわしのAppalachianのドブロがひっじょ~に気に入ってるし、好みだし。

 京都在住のS氏は、作り等が気に入られたらしいですぞ。

 やっぱ楽器は最終的には好みですからね。

 もうすぐもう一本ドブロがくるはずだから、わしには縁がないだろうけどなぁ。

 わしみたいなものでよろしければ、なんでもお尋ねくだされ。


ジャム会の中で、隅の方で、撮ったものですゾ。演奏は本当に適当ですので、純粋に音だけお聞きください。

自分の前にIphoneを置いて録画しました。細かいことは言わないように願いますぞ、例えば、もっと離して撮れとか(笑)音だけ拾うつもりでしたので。
やっぱ、ドブロざえもんへたくそじゃんって意見も結構ですゾ、自覚しておりまする。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん~ 弾いてみたい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。