ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 Beard Jerry Douglas リミテッドモデルの中は、、、
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beard Jerry Douglas リミテッドモデルの中は、、、

滋賀フェスで、お会いした京都にお住まいのI・Sさんから、貴重な写真を頂戴いたしました。
 
 Sさんがお持ちのBeardのジェリーダグラスモデルのコーンを外した中を写した写真です。

 そう、泣く子も黙るJerryが今使っているものと同じドブロです。弾かせていただきましたが、感想は

  おぉっ、Jerryの音だっ

 ジェリーのモデルですから当然ですが、、感動しました。すばらしいゾ。

 ブログに使用した旨をお伝えすると、快く写真をくださいました。感謝です。

 ドブロ弾きのためのマニアックなブログを目指していますのでうれしい限りです。

 Sさんはドブロ弾き、この道30年という大ベテランで、もちろんドブロ使い、ドブロ弾きとしての腕はすばらしいですゾ。

 修行中のドブロざえもん、またお会いできたときには、よろしくご指導をお願い申し上げまする。

 さてまずは!cid_A42F5CAD-64F7-4D18-86EE-09CECA222592.jpg!cid_25A9B551-531D-4E4F-BD2B-E4B2B7F2154A.jpg
すばらしいですなぁ、直筆のサインです。そしてシリアル。
!cid_494463AD-4A6D-4EA0-BCD4-612FF222F1A1.jpg!cid_ABFCBD15-5D8F-492A-95F5-6415BFB812F7.jpgSN3D00150001.jpg

 ドブロざえもんの興味のある内部構造です。
 3枚の写真を見るとわかるように、Jerryのモデルはネック側は半円状(1/3くらい?)のサウンドウェル様のものがあり、エンドピン側はサウンドポストの仕様になっていることがわかります。

 すみません。ちょっとうろ覚えですが、わが日の本のアコースティックワールドで作られているdobroも確かこんな構造だったような気がします。間違ってたらすみません。

 この写真ではわかりませんが、Beardはバッフルはないのかもしれませんね。私の記憶では、Beardはサウンドウェルが当たり前だと思い込んでましたので、少し驚きでした。

 すみません、これもひょっとしたら思い込みだけで誤っているかもしれません。もし違っとるがやということでしたら、どなたかご教授くださると幸いです。

 この写真を見るとわかりますが、さすがは天下のBeardですね。

 内部のポスト等を写した2枚目に写真を見ていただくとよくわかりますが、カバープレートを留めるビスの穴をみてください。

 ヘリサートが入ってますね。

 これは他のメーカー、ルシアーにも見習ってほしいところです。

 ドブロは、定期的にメンテナンスをするべき楽器です。

 コーンのへたりや、コーンの清掃、もちろんコーン等の交換、スパイダーブリッジの調整等、その都度ネジを緩めてカバープレートを外さねばなりませぬ。

 ほとんどのメーカーは、そのまま木ネジ(?)でボディのトップにねじ込んであります。

 これでは、いくら気をつけて、締めすぎないように注意して作業しても、いづれはボディトップ側のネジ穴はバカになってしまいます。

 そうなるとネジ穴を埋めて、その上から再度ネジ留めをしなければならなくなると思います。

 ひどいものになると、ネジ穴を埋めずに、カバープレートを少し回転させて、新たにネジ穴を開けカバープレートが取り付けられているものもあります。

 私自身ネジ穴を埋めたことは、まだありませんが、いづれは経験するでしょうな。

 その時は、タイトボンドに木屑を練って穴埋めをしようと考えていますが。

 バンジョーほどではないですが、ドブロもメンテは必要ですな。

つづく


* あの有名な日の本のドブロ弾き、D Hさん(S・K)さんからご教授いただきました。

 やはりアコーステックワールドのドブロも同様の構造だそうです。

 またBeardnoドブロについて私の思い違いであったこともわかりました。
 
 私はBeardのドブロは全て、サウンドウェル仕様で、アーティストモデルのみ、好みでサウンドポスト仕様になっているのかと思ってましたが、普通のLボディのEモデル等もサウンドポストだそうです。バッフルはないそうです。Raycoと同じですね。

 ありがとうございました。

 ドブロ弾きの皆様方、私の記事で誤り等、ありましたら遠慮なくご教授いただけると幸いです。

 マニアックなドブロ弾きのためのブログを目指します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

AWのレゾ

ご指摘の通りAWのドブロを作ってもらう時にBeard Mike Auldridge ModelとB&B社のレゾを参考に作ってもらいました。
どちらかと言うとB&Bの構造ですね。
AWのはバックの板が多少ラウンドしているので反響板がピッタリとくっつかないので数ミリ浮いている状態です。
音がどのように変わっているのかは皆無ですね。機会があれば取っ払ってみます。

Beard のEモデルはポストだけで反響板は無いですね。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。