ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 ナット
FC2ブログ

ナット


ご無沙汰いたしております。ってレベルぢゃないゾ。と怒られそうです。
この一月ちょっとの間に非常に勉強になることがたくさんありました。
とりあえずこちらからです。
以前のナットの話の続きですが、前回の写真を見ていただき、分かり辛いかもしれませんが、よく見ると、ナットのテールピース側が、
大きく抉るように削られている
のが分かります。
これは、Guernsey resoのオリジナルのブリッジです。
私は最初、なぜこのような切り方がされているのか分かりませんでした。
そんな時、見つけたのは、このHPです。
http://www.geocities.jp/harmony1310/jikken/jikken_home.htm
このページは新岡さんという方のHPです。非常に細かいところまで書かれており、とても勉強になりました。
最初のころからつい最近まで私は、上の写真の一番上のミゾの切り方をしていました。
私がこのページを見つけてからは、一番下の方法で切るようにしています。
この図については、氏に予め許可をいただき、快くお許しをいただき使用させていただいております。氏の話は大変面白く、弦を張る時の弦のねじれなどにも言及されております。

さて何を言いたいかと申しますと、つまり、ナットとブリッジの違いはありますが、同じことなのです。

Guernseyのブリッジのテールピース側が大きく抉るようになっているのは、新岡さんの図のナットのヘッド側が、大きく下側へ切ってあるのと理屈は同じなのです。

次の図をご覧ください。



これはナットの断面図なのですが、ミゾの深さについては少しばかり拙者の考えと少し異なりますので、目をつぶって、一弦ニ弦の図を見てください。
よくプレーン弦の音だけがこもるとお嘆きのドブロプレイヤーの皆様ミゾの深さはさておき、図のように切りますと解消されますゾ。

新岡さま、ありがとうございます。
氏のHPは大変勉強になりますゾ。みなさまご覧くださいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい!!
大変勉強になりました!!!
mixiで出して頂けたら最高なのですが。
そしてわたしの誕生日に素晴らしい記事。
有難うございました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス