ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 テールピース
FC2ブログ

テールピース

ご無沙汰しております。先週は助っ人をお願いし、わがG mountain boysは北陸フェスに参加させていただきました。拙者の大好きなフェス会場です。

実は今回ドブロざえもんファミリー総出での参加でした、子守がなかなか大変でござりました。
しかし、いつまでチビ達が拙者と遊んでくれるか分かりませぬ。精一杯チビ達とフェスに行って楽しむゾ。

さ~て、本題へ。
以前、テールピースについて書かせていただきましたが、その結果について。
拙者は、テールピースの弦が載る部分についてしっかりと弦の圧力が掛かる方がよいと考えていました。
拙者のドブロ、Guernseyには元々昔からあるテールピースがついていました。
このドブロは拙者がGuernsey氏に頼んで作ってもらったのですが、当初指板部分の弦高は、8mmほどしかありませんでした。
昔のドブロは弦高が低かったですね。
今時のドブロは11mmから13mmくらい、プレイヤーによってはそれ以上の高さにしている方もおられますね。

拙者もやはりこの高さでは弾きにくいのです。
カッティングなんぞやると、ピックがたま~にトップに掠ってしまうのです。
まぁ拙者の腕が未熟なせいなのでしょうか(^_^;)
てな訳で、すぐに弦高をあげました。

それから、音に少し異変があった。全てではないがたまに、嫌な響きが出るのです。
ナット、ブリッジ、スパイダーブリッジ、リング、リゾネーターコーン、チューニングペグ、あらゆるところをチェックしましたが、治らん。
そしてある時気付いたのです。
あぁ、ここだ!と。
そして、手に入れたのがBeardのテールピース。
弦高を上げると、ブリッジからテールピースの穴までの弦の角度が大きくなります。すると、テールピースの穴からブリッジ側にある山への圧力が弱くなるのです。
当然ですわな。
そして弦高をもっと上げると弱くなるどころか触れる程度になってしまいます。Beard製のテールピースの山が高くなっているのはこのためだと思います。そして拙者は交換しました。
見ていただきますと、お分かりだと思いますが、しっかり山の部分に圧力が掛かっていますね。

むふふ、思ったとおり、わはは~、音も思ったとおり、すんばらしいがゃ。

皆様にも是非オススメしますゾ。今現在でもテールピースは3,4種類しかありませぬ。正直に申しまして、いろんな方のドブロを触らせていただいていますが、同じ症状のドブロが多々あります。Beardのテールピースに交換することをオススメしますゾ。

つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

テールピースの話題ですが脱線しちゃいます。
東京のN氏が見たら笑っちゃうかもしれませんがカバープレートなど金属部分の磨きはバッチリですね。もちろんボディーなどの部分も然りだとおもいますがね。(^^ゞ
私のお掃除はN氏にやって頂いてます。m(_ _)m

No title

ありがとうございます。
一番最初に手にしたドブロ、R&Tのカバープレートがニッケルらしく、少し磨かないと、酷い状態になり磨いても落ちなくなってしまいました。あの当時は知識もなく、そういうもんだと思ってました(^_^;)
それ以来、怖くて毎回ケースに入れる前に磨いてます。
ひくぞうさんは、私なぞとは比べものにならない凄腕リペアセットアッパーN氏がおられますから心配ありませんね(^_^)

No title

ざえもん殿の演奏をきいてみたいぞ!
YOUTUBEにアップされているのかしら?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス