ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 Scheerhornの今、昔
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scheerhornの今、昔

お久でござる。

練習しても練習してもちっともうまくならんなぁ。
な~んて気付くとこんな時間!てな具合でなかなか更新もままなりませぬ。
いつまで経ってもち~っとも思うように弾けんトホホなドブロざえもんでございます。

さて実は最近関東にお住まいのドブロ弾きの方といろいろメールなどやり取りをさせていただいておりまする。

氏の名前はN氏といたしましょう。
お話を伺うにつれ、拙者は、ガ~んと足りない頭を叩かれたような状態でございます。

ひっじょ~にドブロの構造などにも詳しい方であります。

いつかはお会いして氏から濃~いドブロのお話を直接伺い、ドブロ談義に花を咲かせたいものであります。

さて氏から、シリアル300番台のシアホーンの内部の写真をいただきました。

ここで、拙者がフェスなどで大変お世話になっている、有名なバンド

 S○gar On ○op のドブロ弾き N氏(またN氏になってまいましたが、先の方とは当然違いますからね)

が愛用しておられるシアホーンの写真を氏からいただいておりますので、見比べてみましょう。
まず、シリアルはなんと19、ほんとの初期のモデルです。1991年製
sh_06_alum_plate_yoko.jpg

次に関東のN氏からいただいたシリアル300番台のシアホーンの内部です。2001年製
Scheerhorn Srl#318 - 22

おわかりになりますでしょうか。初期のものはバッフルがアルミ製、Dowel stick?、ネックから伸びた棒がブレイシングにとめてあります。
昔のドブロと同じ構造ですね。

今この構造でドブロを作っているのは拙者は

LUTTRELL
http://www.luttrellguitars.com/Luttrell_Guitars/ENTRANCE_PAGE.html

しか知りませぬ。なんで他のメーカー、ルシアーは作らんのだろ?この方がサスティーンが伸びると思うのになぁ。

下の新しいシアホーンはボルトオンネックですね。今はほとんどこれですね。やはり作りやすいからだろうかなぁ。ほとんどのドブロと同じように、バッフルはアクリルですね。

う~ん、やっぱいつかはシアホーンかなぁ。いろいろ調べてあの音の秘密を探りたいなぁ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール
ドブロ弾き  ドブロざえもん

rydobro

Author:rydobro
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。