ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 ブリッジについて考える
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリッジについて考える

今日はブリッジについて考えていることを書きますゾ。

拙者が思うこと。
今のブリッジの形でいいのだろうか?

拙者が考えていることは、ネック、ボディなどが理想的な状態であることが前提の話です。

しかし拙者は、ほとんど完璧に理想的な状態であるドブロはないのではないかと考えております。
何故ならそれは、ドブロの構造上の理由によるからです。

ドブロは、コーンの上にスパイダーブリッジが載っており、その更に上にブリッジがのっています。
そして、そこには常に弦による圧力がかかっています。

ドブロを弾いておられる方はお分かりですが、リゾネーターコーンはヘタるのです。
つまり潰れることにより、弦高が変わるのです。
みなさんご存知のとおり、ドブロは一つの弦のチューニングを変えると、他の弦のチューニングも変わります。
これが何を意味するかというと、不安定な状況であることを意味します。

では理想的な状態とはどういう状態をいうかというと、ネックと弦が完全に平行である状態です。
ご存知の方も多いと思いますが、ギターは完全にピッチが合う楽器ではないのです。
クラシックに携わる方が、ギターには触らせないということは昔からよく聞く話です。

話が逸れましたが、ドブロが完璧にネック、正確には指板ですが、弦とが平行であることはなかなか難しいと考えます。

考えてみれば、本来このような状態でなければ俗にいうフレット音痴状態になるのです。

まぁドブロは、構造上あまりフレットは問題になりませんが(^_^;)

ですからず~っとこの構造のままなのでしょうね。

本題に戻ります。
ドブロが完璧とは言えないまでも正常な状態であるとしましょう。

今のほとんどのドブロのスケールは
25インチ
です。

ブリッジはコーンの中心についていますが、拙者が思うことは、
この位置でいいのか?
です。
これを見てください。

offset bridge

実際はこのように中心で、弦がブリッジでとまらないと正確な音程にならないのではなかろうかなぁ。

だってブリッジのネック側ではスケールが狂ってこないかな?

ならテールピース側へずらせば、、だとカバープレートの穴がネジと合わなくならないだろうかなぁ。

まぁドブロにここまでの精度を求めるのは所詮無理な話だろうなぁ。

今までいろんなドブロを触らせていただきましたが、某有名なルシアーのドブロでさえ、先ほどの理想のようには作られてはいないんだなこれが。

だからこそドブロは、他のギターやマンドリンなどよりもまだまだ改良の余地があると思うゾ。
な~んて、構造上、これが限界だったりして。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。