ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 シアホーンのひみつ
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シアホーンのひみつ

しばらくぶりでござりまする。

実は拙者、滋賀フェスが終わったころから体調を崩しておりました。
夏の疲れからか、風邪をひいたようで、咳、微熱、喉痛、から始まり、最近お決まりの喘息発症、だるくて仕方がない、そして、声が出ない。

こんな感じで、こりゃ10月15日、16日の多治見フェスも大丈夫か?

なんて思ってました。メンバーの都合がつかず練習も出来ない、しかも歌のコーラスパートをいただいている身としてはひっじょ~に心配でしたが、最近になりやっと普通の声が出るようになってきましたゾ。
あと2週間あるのでなんとかならんかな。

あんまりドブロ弾きは歌わんでもええと思うんですが、まぁ最近のバンドなんか、ドブロ弾きでリードを歌うAndy Hallみたいなんもおるからまぁいいかなと。

まぁ不肖ドブロざえもん、前のバンドでバンジョー弾く前は実はギター弾きで歌うたってたりしますので。

さて、ここから今日の本題、シアホーンの秘密についてです。

恥ずかしながら不肖ドブロざえもん、シアホーンを手に入れたことがないのです。

触ったことがあるのは、有名なバンド、Sugar On Topでドブロを弾いておられるN氏が弾いておられるものだけです。
N氏はきさくな方で拙者なんぞにも気軽に弾かしてくださります。もちろんドブロの腕前もひじょ~に上手な方です。会うたびにいろいろ出来の悪い拙者に嫌がりもせず教えてくだされます。非常に感謝いたしております。

N氏の持っておられるドブロはシリアルも20番台と非常に初期のモデルであります。ボディ内のバッフルもアルミ製です。
確か今のシアホーンはアクリルだと聞いたような覚えですが、間違っていたらすみませぬ。
(10/4 *誤りがありますので訂正させていただきます。N氏からシリアルについてご指摘をいただきました。氏がお持ちのシアホーンはNo.19でした。私の記憶違いでした。大変失礼いたしました。しかも更に若いシリアルです。凄いですね。拙者も手の届くうちに手に入れておけばよかったなぁ(^_^;))

しかも今のシアホーンはネックはボルトオンだと聞いております。

ここから多分に拙者の想像が入ります。何こいとる、まちがっとるがやぁと拙者にご教授くださる方、ぜひご指導をお願いいたします。

N氏のシアホーンは昔ながらのドブロのように、スルーネック(こう読ぶことはひょっとして間違いかもしれませんが)ネックから伸びた棒が、ボディ内をとおり、ボディバックのブレイシングにボルトで止められています。

これはギブソン社の傘下に入る前のドブロ社のドブロの構造と同じです。

拙者は数年前、アメリカの個人のドブロのルシアーとメールのやり取りをした時に、その彼から話を聞きました。
彼はシアホーンの工房で仕事をしていたといいます。

彼が言うには、今のシアホーンはネックはボルトオンだというのです。

私は「ふ~ん、Timも作るのが簡単だから、ボルトオンにしたのかな」程度にしかその時は思いませんでした。

私はそれからいろんなドブロを触りました。

そして気付いたことは、シアホーンは、弦の張りが強いような音だ。ということです。

昔のドブロ、ドブロ社のドブロや、リッチ&テイラーなどはネックスケールが

24.5インチ

です。

しかし今の主流のドブロ、ほとんどと言ってもいいでしょう、全て

25インチ

なのです。

それなのに、シアホーンは他のドブロより、張りのある音がしているのはなぜか?

私はそこで考えました。以前このブログでも書きましたが、

ひょっとしてシアホーンは、ネックの仕込み角度が違うんではないだろうか?

と考えました。

拙者が以前のバンドで一緒だったドブロ弾きのK氏、彼はこの中部地方を代表するバンド、オールザットグラスでドブロを弾いておられます。

滋賀フェスで彼と話をしていたときに、

「シアホーンはネックに角度つけとるゾ。」
「なんで知っとるかって?わしアメリカにおるときにTimに会ったとき、このおっさんがそう言ったゾ。」

と言うのです。なんでそんな重要なことはよ教えてくれんのやろって思いましたが、氏とはもう20年とまではいきませんが、長い付き合いをさせていただいております。拙者の高校の大先輩に当たる方です。
とても面白い方できさくなよい方です。
嘘をいうような人物ではありません。彼が以前にアメリカに住んでいたことも事実です。

そう、長年の拙者の疑問が一つ解決しました。

そう考えると、シアホーンは、角度を付けるためにボルトオンに変更したのではないかと思うのです。

角度をつけて寝かすとなると、ネックからつながった棒は、ボディ内で、さらにバック材のブレイシングからトップ材の方向へ浮いてしまうので、止められないのではないかと思います。

そしてこれは、富山のヴレ工房嶋氏に教えていただいたことですが、ドブロのブリッジで弦の角度がコーン方向に対して、狭くなればその分、コーン方向、つまり下側に対する圧力が増します。
それにより、鳴りもよくなるのです。
しっかり圧力がかかるので、よく鳴るでしょうね。

そういうことを考えると、この辺りにもシアホーンの秘密もあるのではないでしょうか。

なかなかよく考えられているゾ。
因みに今日拙者のもとに以前オーダーしていたBeardのドブロのブループリントが届きました。
これによるとBeardのモデル(全てではないかもしれませんが)はネックの仕込みに角度はついていません。

すみません。あくまで拙者の考えです。こりゃ、ドブロざえもん勝手なこと抜かすな。まちがっとるがやと、拙者にやさしく指導していただけるご意見がございましたらぜひよろしくご教授くださいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のシアーはN本氏とシリアルナンバーが1番違いの兄弟でした。
書いてある通り反響板は金属でした(あれはアルミだったのか)。
Beardを買うのに売ってしまったのでもう手元にはありません。
先日Slamaというレゾの反響板を取っ払ってみたところ良く鳴るようになりました。もともとボディーの容積が小さい楽器なので反響板はいらなかったのかなとも思いました。

シアーの反響板はいつの頃からかアクリルに替わってましたね。

Scheerhorn

ドブロの構造考察参考になります。
>N氏の持っておられるドブロはシリアルも20番台と非常に初期のモデルであります。
ちなみに私のScheerhornはシリアル19番です!!
ひくぞうさんは18番かと・・・

Dobroの構造及びセッティングはまだまだ語られている部分が少ないので面白いですよね。
最新記事
プロフィール
ドブロ弾き  ドブロざえもん

rydobro

Author:rydobro
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。