ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 ブリッジ、コーン交換
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリッジ、コーン交換

やっと、待ちに待ってたブリッジが届いたゾ。拙者は、ずっとオールメイプルのブリッジを使ってましたが、最近、ドブロをケースから取り出し、チューニングする度に、弦が古くなるにつれて、違和感を覚えるようになった。拙者は毎回、ドブロをケースにしまう際、弦を1回転から2回転緩めるようにしている。これには異論があることは知っているが、私自身は緩めた方が楽器にとっていいと考えているので、そうしてますゾ。

リゾネーターコーンにあっては、今まで、補修で騙し騙し使って来たので、まぁ、そろそろ替えようかなぁと。

今日は、とある理由により、カバーを開けたので、
よしっ、今日やっちゃおう(*^^*)
てな具合で、やりましたゾ。

まずいつも通り、フラットな台の上にスパイダーブリッジを置きます。

上から、軽く押さえて、指でスパイダーブリッジの足を軽く叩きます。
写真では、写真を撮るため片手でやってますが、実際の作業は両手でやります。

軽く叩けば分かりますが、隙間がある足は、掌で軽く押さえて足を曲げます。本当に軽くですゾ。力を入れすぎると折れてしまいますゾ。

以前は、プラスチックハンマーや、ゴムハンマーで叩いていたようですが、最近は、掌でやります。

全てがきちんと平面の台に接触するようになったら、同じ台の上に紙ヤスリを敷いて、各足を、同じ力で、同じ回数ヤスリ掛けをして、面出しをします。
すみません。この作業の写真を取り忘れてしまいました。

さて、スパイダーブリッジの足の調整が終わったので、いよいよブリッジに取り掛かります。

古いブリッジを取り外します。
このブリッジを取り付ける際に、接着剤を使う方もおられるようですが、拙者は使用しません。
ブリッジは消耗品です。再度ブリッジを取り替える際、また接着剤が残ると厄介だからです。
このスパイダーブリッジの溝とブリッジの接地は非常に重要です。
ここがきちんと面同士接地していないと、ぼやけた音になってしまいます。
目視できない場所ですが、重要なポイントです。

拙者がいつもパーツを買っているBeardのブリッジです。

まず、今までのブリッジの高さを測り、同じ高さになるまで削ります。
リペアマンの方は、バイスに挟んで削ると思いますが、拙者は自分の楽器を年1回くらいしか、手を入れないので、この方法で充分。

高さを合わせるように削る時、同じ高さまで、フラットに削ると、この後の調整で、低くなってしまいますので、少し高めに削っておきます。
人によってやり方は異なるでしょうが、拙者は、横から見てかまぼこ型、半円状になるように削ります。

型に削り終わったら、スパイダーブリッジにはめるのですが、私は今までそのままのサイズで削らずにはまったことはほとんどありません。
例外は、シア◯ーンのOEM版の楽器で、普通のブリッジの厚みで、隙間ができるくらいでした。
コーンも通常のサイズがはまらないのです。確か、セットアップはシア◯ーンでやってたはずですが、なぜ?
不思議です。

話を戻しますが、スパイダーブリッジの溝に遊びなく収まるように厚みを調整します。

各弦の位置決めを、例のスケールで割り出し、溝を削ります。
この時、重要なのは、溝を切る角度です。写真でお分かりになりますでしょうか?水平の弦の角度から、テールピース側に倒し、ブリッジからテールピースまでの弦の角度を越えないように削ります。


後は、もと通りに戻すだけ。
試しに弾いてみたが、おぉっ、ええ感じだがやぁ。

セットが馴染んだらもっといい音になるゾ。楽しみだ。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール
ドブロ弾き  ドブロざえもん

rydobro

Author:rydobro
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。