ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 むふふ、まもなくだがや!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むふふ、まもなくだがや!

ご無沙汰しておりまするな。

皆様ご存知のとおり、拙者は、緑色のGuernsey dobroを手に入れひっじょ~に満足しておるところでは、ございますが、問題点が一つあるんだな、これが。
わしの好みに反して、弦高が低い!2フレットで8.5mmしかないゾ。しばらくこの楽器には手をいれたくないしなぁ。セットアップも良好で、音も素晴らしい。
これを聴くときっかけ世のドブロ弾きの方々も、やっぱ単板じゃなきゃな、、なんて考えも変わっちゃうだろうな。なんたってバーチプライなのじゃ。この前、涙ながらに、拙者の元から嫁いでいったMeredithもバーチプライだったが、音も作りも、シビれたゾ。はぁ~、もう少しなんとかなればなぁと未だに未練たらしい拙者でござる。
さて、本題に戻りまするが、この弦高では、自慢のMartin Grossお手製のCapoが使えんがなってところで考えた。ベアードのCapoなら使えんことはないが、あれは拙者は気にいらん、はっきり言って嫌っちゃってるゾ。音も気に入らんしなぁ。やっぱりCapoはナットの延長じゃなきゃな。そういやぁ、今持っているCapoを作ってもらった時も、Martinのカポをみた時、わしが思い描いていたCapoに近かった、なんて以前わしが作ろうと考えていたCapoについて、Martinと随分メールのやり取りをしたなぁ、なんて思い出したゾ。
これだけ低いと、断わられるかもなぁ、なんて関東ながらも、Martinに相談すると、問題なく作ってくれるらしい。
てなことで、首を長くして待っておったゾ。みんなから、早くお披露目せいと言われるが、Capoがないのでとお待ちいただいておるところじゃった。
むふふ、Martinからメールがぁっっ!


今週、ドイツ発らしいゾ。

まもなくですゾ!

次回はこれ!


むふふ、分かるかな?
かのJerry Douglas氏も使ってる、あの、、、。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マーチングロスのカポは指板にピッタリとくっついているのですか、それとも弦を挟んで浮いているのですか?

Re: No title

> マーチングロスのカポは指板にピッタリとくっついているのですか、それとも弦を挟んで浮いているのですか?
いつもコメントありがとうございます。

もうお体のほうは大丈夫ですか?

マーチンのカポは、基本的に、指板についています。私が気にいっているのは、この点です。
私は以前から、スクエアネックのカポは、ナットが移動したような形になるのが、理想的だと考えてました。
ブランクナットを改造して、作ろうと努力したこともありました。
マーチンのカポをみた時に、同じ考えだと思い、氏にメールをして、彼と私が同じ考えであることを確認しました。違うのは、私は不器用で、自分で作る能力、技術がなかったことかなぁ(笑)
しかし実際には、カポ本体と指板の間に、薄いクッションが入ります。本来なら、そのまま金属のままの方が、振動を伝えられていいのでしょうが、やはり傷が付かないようにしているのだと思います。
マーチンのカポは、最初にナットを調整して、チューニングのピッチを合わせます。2フレットで挟んで、Aのチューニングに合わせます。チューニングペグではなく、カポのナットで調整するのです。すると、オープンから、カポを付けてもチューニングが狂わないようにするのです。
フローティングではないので、クッションのシールで微調整は可能ですが、それぞれの弦高にあわせる方が理想だと思います。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。