ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 2013年04月
FC2ブログ

ポスト、GuernseyはShort Mountain

大変ご無沙汰いたしております。ドブロざえもんでございます。

さて今日は拙者の独断と偏見だらけのよいドブロの見分け方について書きますぞ。

拙者の今の愛器は以前お話ししたClinesmithのコア7弦改め6弦仕様です。

恥ずかしながら7弦仕様はほぼ挫折しました、、、、。

しかしながら、手を入れたのはナット、ブリッジだけで、元のものに新しい溝切りをして6弦仕様にしただけです。

実は少し前に以前も取り寄せた

Short Mountain reso

のチェリーモデルとウォルナットモデルをまたまた取り寄せました。

私もずっと

resoはやはりL ラージボディモデルに限る

なんて考えていましたが、今はこの日ノ本で有名な東京の

DぶろHぞう氏

のところにお嫁にいきました、Guernsey resoを弾いてから考えが変わりました。

このドブロは

Rサイズボディ、バーチプライ

ながら、今までのドブロの中ではナンバー1というくらいの音の良いドブロでした。

結局最終的にはRボディなのかしら?

なんて考えたほどです。

そしてこのドブロで分かったことは必ずしもオープンボディでなければいけないということはない、ということが分かりました。

あの有名なRQ Jonesもそうですが、これらのドブロはハーフサウンドウェルなのです。

そしてBeardのRモデルなどもそうですが、いわゆるオープンボディでなくても大きな音が出て、素晴らしい音がでるのです。

そして入手が困難で4000ドルほどするガンジーに代わるモデルとして拙者が着たいしているのは先ほどの

Short Mounrain

です。Rボディですが驚くほど音が伸びます。

今まで触れたどのドブロより伸びます。

そんなん嘘やろうがっ!

とおっしゃるかもしれませんが、触っていただければご理解いただけると思います。

そしてこのモデルほどナットが丁寧に取り付けられているドブロを見たことがありません。

このナットの設置は非常に重要なポイントで、完成時から完全にフィットされているドブロはあまりありません。

しかしここは非常に重要なポイントなのです。


そしてShort Mountainの楽器は良い意味でアメリカンらしくない丁寧なつくりです。
オーダーしてもガンジーの約半分の値段で作れます。

ちょっと他のドブロとは異なる鳴りでびっくりします。

これは今売りにだしております。
これよりもClinesmithが欲しいという方がおられればご相談くださいませ。

Short mountainがウォルナットでなく拙者が今一番いいと思っている

 バーチプライ 又は コア

であったならばメインの楽器になっただろうと思います。
Doug氏の手元にあったのがこの二本でしたので、二本とも送ってもらいました。
これで多分日本にあるShort Mountainは三本になるのではないでしょうか?

余裕があれば手放しませんが、貧乏侍ゆえに手放さなければなりません。

今は円安になってきていますので、なかなか厳しいですね。

 この鳴り方であれば、バーチプライであればガンジーにも負けない音のドブロになると考えています。

Short MountainのDoug氏に見積もりは聞いていますが、すぐには発注もできませんし。

 他にも研究材料として考えているreso関係のものはいくつかありますが、手放さないと入手できないですね。

Short Mountain、Clinesmithに興味のある方はご連絡くださいませ。Short mountainは新品です。
スポンサーサイト



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス