ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 2012年02月
FC2ブログ

ナットヤスリ

こんにちは、ドブロざえもんです。
楽しみにしておりました、滋賀鍋フェスですが残念ながら定員に満たないということで今年も中止だそうです。
代わりに、私がお世話になっておりますK楽器のY氏の御兄弟の凄腕ギター弾きの方が経営されている居酒屋でジャム会が行われるとのことです。バンドリーダーのY村氏と参加させていただく予定です。
学生からの生粋のブルーグラッサーでない拙者がこのブルーグラス界の端っこで、なんとかブルーグラッサーらしく?続けてこられたのはひとえにY村氏のおかげであると言っても過言ではありません。
拙者はず~っとリーダーの後ろを金魚のフンのように十数年間付いて回っております(*^^*)

さて、本題に入りますが、よく1、2弦の音がこもるという話を聞きますがこれは、

ナット又はブリッジの溝の切り方

に問題があるのだと思います。
皆様経験されておられると思いますが、以前はこんなことなかったのに、音がおかしくなかったのに?
なんてことがあると思います。
弦を交換するだけで直ることもあります。
ドブロは、弦の張力による圧力だけでコーンをボディに押さえているだけでその構造ゆえ、いろんな要素により音に影響が出ます。
この全てを満たせば拙者が望むあの音が出るのだと思っています。いつかはヤってやるゾ、と(*^^*)

さて話を戻しますが拙者はずっと10本セットのナットヤスリを使っておりました。
そして1、2弦の音のこもりを解消するためにもいつも、溝は浅~く切っています。
しかし、最近になりこれだけではマズイのではないかと思うようになりました。
その原因は弦のバランスです。
ドブロを弾いて感じることです。
弦を垂直にまたいでプレイする際に違和感を感じるのです。
1、2弦、プレーン弦、特に1弦が高く感じるのです。
じゃぁ、どうするか?
ならもう少し深く溝を切るか?
でも、そうすると音がまたこもったりしないか?
じゃぁ、溝を太めに切るか?
そんなことをすると、また音のビビりに繋がってしまいます。

以前他の方の記事でプレーン弦の溝をV字型に切るとよいというのを見ました。
なるほどなぁ、と思い実行したいとは思いましたが、ドブロのプレーン弦のサイズに合うものがなかったのです。

拙者はよくスチュアートマクドナルドで工具など買いますが、丁度よいサイズがなかったのです。

スチュアートマクドナルドはたまにカタログを送ってきます。一番新しく来たカタログを見てみますと、

あった、あるぢゃないか!

しかし、カタログを見ると以前のカタログから本数が増えているようには見えません。

こりゃ、記載間違いぢゃないか?

と思うくらい、サイズの数値だけ違うようです。
何度か見比べましたが、確かに

0.012/0.020

となっています。
拙者はいつも0.020のサイズのヤスリを使っています。
結局、以前から欲しかった

溝切り用のノコギリ

などと共に購入しました。
これは、ナット調整をされたことがある方はお分かりになると思いますが、ナットに印を罫書き、いざ溝を切ろうとしても滑ってしまいことがありやりにくいのです。
その悩みも解消します。
もう少し細いサイズを買えば、他の楽器にも使えるんでしょうが同じ0.020のサイズを買いました。
これがヤスリです。

次がノコギリです
早速、プレーン弦の溝を少し切りました。

結果は思ったとおり、むふふ、やったがや(*^^*)
音もいいし、感じもよくなったゾ。

つづく
スポンサーサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス