ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 2012年01月
FC2ブログ

もし、そこまで考えてるならほんとにすごいゾ。シアホーン

みなさま、少しばかりご無沙汰いたしております。
ドブロざえもんでございます。

実は拙者の一番上の娘が、今年受験でして、出来が悪い故毎日寺子屋ではなく塾へいっておりまする。

不出来な拙者の娘とはいえ、一応娘ゆえ、暗い夜道が心配で送り迎えをしておりまする。

さらに持病の結石が大暴れし、このところ辛い日々を送っております。

毎日欠かしたことのないドブロの修練も一日置きしかも1時間も時間が取れないことが日常。

ブログどころか、mixiなどもあまり覗けない状況でござります。大変申し訳ございりませぬ。

今日も先ほどまで寝ておりましたが、少し痛みも治まり時間がありますので、ひとつ書かせていただきますゾ。

拙者は先日、インサートブリッジの記事を書かせていただいたとき、に、スパイダーブリッジの中央部分から弦がテールピースに向かって載るべきだと申しました。

この関係で、オフセットブリッジなるものが売られているのだろうと。
OSB-187.jpg

少し小さく見えにくいかもしれませんがご勘弁くだされ。

つまりインサートブリッジが載る部分がテーっるピース側にずらせてあるのですね。
これだと解決ですね。

また先日拙者はシアホーンドブロはネックに仕込み角度がつけられているとお話ししました。

拙者は、テンション感を高めるためにそうしているのだと思っていました。

今までブリッジ調整、ナット調整を数多く行いましたが、まれに思いもよらぬBuzz音に悩まされることがあります。

いろんな原因を追究してまいりましたが、最近これは、今まで気づかなかった

テールピースに問題があるのではないだろうか

と思うようになりました。

でも今回はこの話ではありませぬ、。これはまた後日の検証のあとで書きまする。

さて、わしは去年大津にお住まいのルシアーJ氏とお話させていただいた時に、

ナット部分の高さをブリッジ部より下げて調整するとよい

というお話をお聞きしました。

そのときは、

 え~、そんなことすると弦長スケールが変わっちゃうがな
 フレット音痴になってまうがなぁぁぁっ
 (フレットを押さえるわけではないんですがね(笑))

な~んて思ったのですが、最近になって

 わしのBuzz音の原因はこれなんじゃなかろうか

と思うようになったのです。

わしはいままで、ナット部の弦高と指板最終フレットまで同じ弦高がベストだと思ってましたし、今も当然そう思います。

しかし、ネックに仕込み角度が付けられていないドブロの場合にそのようにするとどうなるか?

皆様も物理の授業で習いましたよね。

  角度が小さくなればなるほど、ベクトルは大きくなりますね。

そして、インサートブリッジ部においては、ネック側からブリッジまでが平行でブリッジからテールピース側へ角度がついているとどうなるか?

  ベクトルつまり力が向かう方向は

リゾネーターコーンのネック側下側方向への圧力

となるのです。

そして先ほど拙者がいうように、ナット側が低く、ブリッジ側へ弦が向かうと、大げさに言うと

 弦はインサートブリッジ部を頂点とする山型に折れる形

となるのです。そしてその弦の角度がネック側とテールピース側が等しくなれば、

ベクトルの圧力はリゾネーターコーンに垂直に懸かる

ことになるのです。

まぁ実際に同じ角度にするには、かなりネックに角度を付けなくてはいけないので、事実上は不可能でしょう。

拙者は、自分のドブロのナット側を削りナット側の弦高を少し下げました。

 やはり思ったとおりの結果でした。

といっても、以前から申し上げているとおりの拙者が目指す音にはまだ届きません。
いつかあの音を、、、。

そしてそこでまた閃きました。

 そうかそうだったんだ。ティムシアホーン氏はひょっとしてそこまで考えてるのか?

つまり、、ここからが今日の本題です。

 ネックに仕込み角度を付けると

  コーンへの圧力が増し、下方向への圧力になる

さらにそれだけではなく、ネックに仕込み角度をつけると

  弦長スケールが長くなる

その結果どうなるかというと、、、








インサートブリッジのネック側の端で、正規のスケールが採れるぢゃないかぁぁぁぁぁっ



ということなのです。

つまりオフセットがいらないのです。

もしそこまで考えられているならやっぱシアホーンはすごいゾ。


いつか拙者が立派なプロのセットアッパーになれる日にはまだまだほど遠いですね。

いつかきっと自分の方法を確立してやるゾ。
そして自分がお世話になったドブロ弾きのかたがたへご恩返しをするゾ。

つづく
スポンサーサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス