ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 Appalachian Resonator
FC2ブログ

Appalachian resonator

大変ご無沙汰いたしております。
最近少し塗装の腕も上がったようですね。

ブラック、バーチプライモデル。

アンディーホールスタイルモデル
スポンサーサイト

I・S氏のMaple Appalachian

 わしが、今年の滋賀フェスでお世話になった京都在住のI・S氏がオーダーされたMaple製のAppalachianが完成し、彼のところへ到着しました。写真をみせてもらいましたが、ナチュラルのレモン色で非常にきれいでありますゾ。
画像 006画像 007画像 067


 またお会いした時にはぜひじっくりとみせていただきたいと思っています。
 
 音については、やはりわしのドブロとおんなじで、

  すんごく音がでかいらしいですゾ。

 音に関しては、とても気に入っていただけたようで、わしも大変うれしく存じますゾ。

 しかし、S氏曰く、塗装は、あんまし良くない 

だそうです。わしの時も少し感じたが、まんだTomは経験が浅いのからかなと思っていたが、あまり塗装は得意ではなのかなぁ。

 そんな話でしたので、直接Tomにその旨を話すと、

  すまん、すまん、今まではバフ掛けを手でやっとった。つい最近バフ掛けマシンをついに買ったので、これからはもっと上手にできると思う。

 という話でした。わし自身は、あんまり塗装なんかは気にしないし、まぁこの値段で、こんだけの音ならいいかななんて考えてました。

 しかし、こういう話なら、今後は、もっと良くなるでしょう。
 
 わし自身の楽器についても、バフ掛けをもう一度やれば、もっときれいになるんじゃないか、なんて言われたこともあるので、今度試してみようかなぁ。

 それとセットアップについても、一度Tomとじっくり話しをしてみようかな。

 しかし、アパラチアンは、なんでこんなに音が大きいのかなぁ。

  わしはTomの人柄も好きだし、彼の作ったドブロはとっても気に入っている。

  またTomにはオーダーするつもりなので、もし気になる御仁がおられたら、ご一報くださいませ。

  Tomは輸入ご禁制の材料でなければ、大概の材でつくってくれますぞ。

  音のよい、お値打ちなドブロをお探しの方、オススメしますゾ。

  わしは、今度なんで作ってもらおうかなぁ。

到着 Maple製のすごいヤツ

 ムフフ、来たゾ。

 メイプルのAppalachian resonator。

 先日の記事により、さっそくメールをいただきました。

 この日の本で、ちょ~有名なドブロ弾きの方から。

 そんでもって、こちらはすぐその方のところへお嫁に行きました。

 あとはお好みに調整していただけると、私のドブロ同様きっと素晴らしい音を奏でてくれることでしょう。

 私は、オールメイプル製のブリッジが好みですので、自分のドブロは届いてすぐ交換しました。

 いつか、彼が目の前で、このドブロを弾いておられる姿をみてみたいものです。
 
 そう、このドブロざえもんの友人であるTomが作ったドブロをもっと日本の方に弾いていただけるとうれしいなぁ。

 Tomは
    price for Player
とうたっているゾ。

 こんなルシアー、他にはいないゾ。画像 029画像 030画像 031画像 032画像 034

見ていただけるとお分かりでしょうが、このケース

 Travelite Case

そう、泣く子も黙る、ドブロ用のセミハードケースです。

前から欲しくて欲しくて、なんとかならんかなぁと思ってましたが、今回これで送ってもらいました。

日本では売ってないし、アメリカから送ってもらうと、送料込みで300ドルくらいにはなるんじゃないでしょうか。
ケースだけに300ドルも出せんゾ。

軽くていいぞよ。

またTomに頼むときに、このケースで送ってもらおっと。

つづく

Appalachian Maple 興味のある方はいませんか?

 じつはちょっち前、Tomから

  実はオーダーのキャンセルがあって、良かったら買ってくれないか?

とメールをもらったのです。

 私は、他のドブロプレーヤーにオススメしてますし、Tomとはよくメールのやりとりをしています。

 前にも書きましたが、私はいろんなドブロを触ってきましたが、

  いいドブロが欲しい

という方にオススメします。

  いいドブロが欲しいが、お金がない
 
という方にはさらにオススメします。

 わしは唸るほど金もってんど~、という方は今のシアホーンなんぞいかかでしょうか?

 お高いですゾ、ヘタすると1万ドル超えまっせ。

  これほどのアメリカンハンドメイドのドブロが十数万円でオーダーできるのじゃ。

 わしは、
  
   まぁ待たなくても買えるわけだし、きっとこれだけのドブロだから、もし欲しいという人がいれば手放して  もいいしな。

と思ってとりあえずOKしました。

 これはTomのところから、日本に向けて既に出荷しました。
画像 018 maple画像 025 maple画像 099 mapleIMAGE018 maple

 これが完成して今、日本へ向かっています。

 もし興味のある方がみえましたら、メールフォームからご連絡ください。
 
 新品のままで、お譲りします。


Appalachian Resonator Guitar

Appalachian Resonator Guitar
Appalachian

My Favorite Reso!

Tom

Tom Warner

His name is Tom Warner.

He is the genuine craftsman who can make it for player.

I owned various dobro and played.

 Dobro,Rayco,Clinesmith,R.Q Jones,Meredith,Guernsey,etc...

I parted leaving two dobro to do get of other dobro.

And it was his Dobro to have won through up to my choice last.

Splendor may understand anyone immediately if you play his dobro once.

The reason is because it prays for the reason why I introduce him, I wants Japanese player to know splendid dobro that he makes.

And I hope him to make splendid dobro forever.

In dobro player of a young generation carrying BlueGrass scene in the future in particular.

Dobro which Tom makes is the thing which is value that they can have in their hand.

However, it is professional dobro which you can play throughout the life.

I will continue playing his dobro as far as I continue playing dobro.

He will get the praise that is about the same as Mr.Scheerhorn sometime soon.



彼は、playerの為に作ることができる本物の職人です。
私はいろんなdobroを所有し、弾いてきました。Dobro,Rayco,Clinesmith,R.Q Jones,Meredith,Guernsey,etc...
私は他のdobroを購入するために、2つのdobroを残し、手放してきました。そして、私の選択に最後に残ったのが、彼のDobroだったのです。彼のdobroを一度playすれば誰もが、すぐ素晴らしさが理解できるだろう。
私が彼を紹介する理由は、一つは彼にいつまでも素晴らしいdobroを作り続けてほしい、2つ目は彼の作るすばらしいdobroを日本のplayerに知ってもらいたいと願うからです。特にこれからのBlueGrassシーンを担う若い世代のdobro playerに。Tomの作るdobroは彼らが手にすることができるお値打ちなものです。しかし生涯弾くことが出来るプロフェッショナルなdobroです。私は、私がdobroを弾き続けるかぎり、彼のdobroを弾き続けるだろう。彼はいづれ、Mr.Scheerhornと同じくらいの賞賛を得るだろう。

*Tomの写真の転載は禁止します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス