ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 ブルーグラス
FC2ブログ

2011北陸フェス

6月11日、12日に行われました北陸フェスに参加させていただきました。

拙者は、2人のチビと共に参加。

最初に、不肖ドブロざえもんお詫びさせていただきまする。

先日、緑のドブロで参加と言いましたが、天気が不安で雨に濡らして音が変わるのがいやでしたので、いつものアパラチアンで参加いたしました。申し訳ございませぬ。


当初バンドメンバー全員参加できないので、バンド不参加の予定でしたが、拙者は今まで行ったことがなかったので、

 ぜひ、行きたいゾ。1人ででも行くゾ

と決めてました。

 主催者の方が、最初震災のため、開催を迷われておられた時から、拙者は開催を願って、その旨のメールを送らせていただきましたゾ。

 震災のため、いつもより参加費をアップしても参加させていただきますゾ。

と。

 拙者の願いが届いてかどうかは定かでないが、ちびっとは聞いていただけたと思いたいが、開催となったが、今回震災の関係だと思うが、例年より参加バンドが少なく、

 開催危し!

と聞いた拙者はバンドメンバーの皆様にその旨を告げたところ、

 助っ人を頼んででも参加させていただこう!

となり、

 ベースボーカル Y氏(リーダー)
 フィドル    Y氏
 ギターボーカル H氏
助っ人
 マンドリン   パ○ージャンファミリー親分(仮称) A氏
 バンジョー   ジャム仲間のK氏

 そして不肖ドブロざえもん

の6人での参加になった。

 しかもギターのH氏は11日は所用で神戸へ行かれ、12日朝現地へ来られる強行。本当にお疲れ様でした。

 拙者は子守もあるからなぁ、あんまり自由には出来んゾ。

 なんて思っておったのだが、バンジョーK氏の子供さんがうちのチビと年が近いとのことで、子供同士のこと、すぐ打ち解けて仲良く遊んでくれた。

 さらに他のバンドの子供さん3姉妹、先日お話した、凄腕ドーグバンドのめちゃ凄腕サウスポーギター弾きのI氏の子供さんにあっては、うちのぼうずと同い年、子供同士仲良くあそんでくれたおかげで、拙者は楽器演奏、フェスに充分集中させていただきましたゾ。

 K氏の奥様や3姉妹のお母上には大変お世話になりました。ありがとうございました。

 愚か者の拙者は、そのお母上のお名前を伺うのを忘れるというお馬鹿さんでござった。面目ござらぬ。

 きっと、来年のフェスでもお会いできると思っておりますが。

 そのお母上はなんと子供たちを一緒にお風呂に入れてくださりました。

 K氏の奥様にうちのぼうずはべったりまとわりついて、甘えまくり。ほんとに申し訳ござりませんでした。

 何から何まで感謝感謝でございます。

 ありがとうございました。

演奏の方もいろんなバンドの方が出られて、面白かったです。

 拙者はあれくらいの規模の方が好みだなぁと、アットホームな感じで非常に堪能させていただきました。

  拙者が目指す、ドブロ界のレコキン氏。

 氏にもお会いすることが出来ました。氏のバンジョー、バンドは素晴らしかったなぁ。

 この時拙者はもう一つや、やっても~た状態つまり、失態をしてしまったのですが、それは書きませぬ。

 申し訳ございませんでしたとだけ書きます。
 
 フェスはいろんなバンドやプレイヤーの方を見ることができるので楽しいです。

 わがバンドのリーダーY氏も、大学時代の先輩との再会を喜んでおられました。

 フェスはいろんな方との交流があり、いいですねぇ。

一番驚いたのは、バンドの出番がおわってすぐ、PAの方が来られて、

 はい、

と手渡されたのは、なんとCD。

 今のバンドの演奏。

 ひぇ~っ、終わったばかりなのに。そ、そういやぁ、卓でパソコンを使って画面にミキサーが映ってたので、

 ほぉ~、パソコンソフトのミキサー使ってるんだ、すごいなぁ。

なんてさっきわし見てたなぁって思い出した。

 卓から撮ってるのできれいに撮れてる。まぁ、どんなにきれいに撮れていても、拙者のへたくそがうまく聞こえるわけではないんですがね。

今年の楽しい北陸フェスは終わりました。

 また来年もいくゾ、もしバンドでいけなくても。

 しかしひょっとすると、嫁さんの仕事の都合によっては、さらにもう1人、来年の今ころは2歳になっているもう1人のチビも連れていかないかんかもしれんな、、、。

 しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん、しとぴっちゃん、かもな。子連れ狼かぁ?しかも3人連れてか?

 スタッフの皆様、お疲れ様でした、ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。


つづく
スポンサーサイト



バリンジャーファミリーバンド

今日は、ちょっとドブロ記事ではないが、ご勘弁くだされ。
実は、昨日同じく岐阜県多治見市で行われた
バリンジャーファミリーバンド
のライブに行ってきました。
月一で行なわれる、社団法人 美濃陶芸協会の会長もされておられる七代 加藤幸兵衛 先生の窯のとある建物でのジャム会に土曜日に参加させていただいた翌日である。
こりゃ〜、連日だから、お許しもいただけんかも、などと、恐る恐るお伺いをたてたところ、

とのお許しを得て晴れて観にいくことができた健気なわしである。
うちのバンドのリーダーY氏、今はなき、岐阜のバンド、スケアクロウのリーダーでもありました。
もちろん、この不肖ドブロざえもんも同じバンドにいましたゾ。
この時のバンドのドブロ弾きは、今も愛知県、いや、中部地方を代表するバンド、かの有名なI氏率いる
A○○ T○○○ G○○○S
のドブロ弾きK氏ですゾ。
話はそれましたが、そのY氏と、今同じバンドのフィドル弾きのY氏との三人で一緒に会場へ向かいましたゾ。
会場に着くと、これまた同じバンドのギター弾きH氏が受付のカウンターで、チケットの係をしているところでした。H氏にチケットをもぎってもらいました。
名大の方のバンド、先の有名なバンド、ドーグのバンドの演奏の後、いよいよバリンジャーファミリーバンドの登場です。
ちなみに、このドーグのバンド、
ドーグ○クスペリエン○
のギター弾きのI氏は、はっきり言ってたまげますゾ。彼は、右利き普通のギターを左に構えて弾きまくる。ダウンで弾くリズムをアップで弾きまくる、たまげますゾ。またそれで、難しいジャズのソロなんかを弾き倒す。
ほぇ〜っと空いた口が、ふさがらんですゾ。
また氏の弾きギターは、昔の春日のギター、普段の穏やかな雰囲気からは、想像できないくらいの凄腕ですゾ。
しまった。また話がそれてしまった。
バリンジャーファミリーバンドの話でしたね。
久しぶりの本場のブルーグラス。
このバンドのベース、
ディル・バリンジャー
とギター、ボーカルの
クリス・バリンジャー
は夫婦で、1995年には、
クラスタープラッカーズ
というバンドで来日している。
そういやぁ、思い出したゾ。
拙者が、ブルーグラスを聴きはじめたころ、購読していたムーンシャイナー誌に載ってたなぁ。

そして、バンドのマンドリン弾きは、彼らの息子、
イーサン・バリンジャー
もう一人は、
マット・フリナー。
マットは、マンドリンとバンジョーを弾く。

演奏が始まって、まず気に入ったのは、ディルの声、わしの好きな嗄れた歌声、日本のシオンみたいな声、なかなかよいゾ。

しかし、さすが、狭い世界、ブルーグラスの方が当然多く、見渡すと、見たことある方が多い。

マットのバンジョーも上手い!
イーサンのマンドリン、ギターも上手い!

今回、彼らは日本公演ということを意識しすぎたのか、いろんなジャンルの曲をやってくれました。確かにアリソン・クラウスなんかも演ってるけど、ビートルズのI willなんかは、ちとやり過ぎかなぁと。でも日本人に対するサービスなんだろなぁ。


向かって左から、ディル、クリス、イーサン、マット

とにかく、イーサンとマットが凄い。
イーサンとマットのマンドリンデュオで、チャック・コリアのスペイン、バンドでの私が、尊敬するギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトでよく聴いたナガサキなんかも演ってくれた。

イーサンは、ギターも上手い!なかなか鳴るじゃないか!というギターで、ソロもバシバシッとよろしいがな。

途中、休憩を挟むことなく、1時間半のステージを観せてくれた。
とても楽しいステージだった。

ステージの後は、ワークショップなどを予定とのことであったが、わしら三人は、楽器を持ってきてなかったので、会場を後にしました。

しかし、贅沢は言えんが、出来れば、ドブロ弾きの方が来てくれんかなぁ。

今回のバンドにドブロ弾き方が来てたら、きっとわしは最後までいただろうなぁ。
ただでさえ少ないドブロ弾き、やっぱ無理かな。

今度、本場のブルーグラスの方を観れるのは、何年先だろうかな?

やっぱ、たまには観たいゾ。
あぁ、久方ぶりにえぇもん観たゾ。

つづく、と行きたいところだか、もう一つ。

帰りに、同じバンドのギター弾き、H氏の一言、
「イーサンの弾いてたギター、いい音してただろう。」
わしら三人、
「うん、うん、えぇ音してたなぁ。」
H氏、
「あれさぁ、いつも弾いてるわしのギターなんだわ。」
わしら三人、
「、、、、、。」

ビックリ、びっくり、えぇ、いつものあのギター?

う〜ん、やっぱ弾く人が代わると同じギターでも、音が、変わるなぁ。

H氏の言
「当分、わしも言われそうだなぁ。」

つづく
(H氏も永くギターを弾いておられ、もちろん上手な方なのですが、イーサンが凄すぎたのです)

拙者の好み

拙者のドブロはまだかいなぁ。

メールで尋ねても、Tracking numberわからんって言われて、いつ来るんかわからん。

だから今日は、拙者の好みをひとつ。因みに好みの順ですゾ。

好みのギター弾き

やっぱClarence White,Django Reinhardt,Tony Rice

好みのバンジョー弾き

Leroy Troy,Courtney Johnson
拙者は、コートニーに憧れて、この世界に入りましたゾ。

好みのマンドリン弾き

ささやのYさん、Sam Bush、Yさんは凄いですゾ。Djangoのにおいがする方で、拙者のような田舎侍にも、楽器は違えど、どうすれば上手くなれるか教えてくださる方です。感謝感謝です。

好みのブルーグラスボーカリスト

Wayne Taylor,Sam Bush
Wayneは、拙者が一番好きなバンド、Blue Highwayのベーシスト兼ボーカルです。
わしは、ベーシスト兼ボーカルがブルーグラスバンドでいちばん映えると思うんだけどなぁ。

好みのベーシスト

Jake Tullock,Wayne Taylor

好みのフィドラー

Paul Warren,Vassar Clements,Stéphane Grappelli

好みのバンド

Blue Highway,Flatt&Scruggs

さぁて、本命、好みのドブロ弾き

神様Rob Ickes,Greg Booth,Andy Hall,バンドマンとしてのJerry Douglasかな?

あ~ぁ、はよ来んかなぁ。

Things That Fly / The Infamousu Stringdusters

Things That Fly / The Infamousu Stringdusters

1. You Can't Stop The Changes
2. In God's Country
3. All The Same
4. Magic #9
5. Those Who've Gone On
6. It'll Be Alright
7. Masquerade
8. Taking A Chance On The Truth
9. Toy Rockets
10. Love One Another
11. 17 Cents
12. Not Tonight
13. The Deputy

 私がRob Ickesの次に敬愛するAndy Hallが在籍するバンドです。ドブロざえもんと並行して私のお気に入りの音楽の紹介もしたいと思っています。

 最初にAndyを聞いたときはぶっ飛びました。

 すごい、、まだまだこんなドブロ弾きがいるなんて。Jerry DougkasともRob Ickesとも違う、、、。

かれのプレイは横のプレイ、つまりハンマーオンやプリングに頼るだけでなく、指板の横の動きが大きいのが特徴だと思います。

 まぁドブロ弾きではない人にはなんのことかわからないかもしれませんね。(すみません)

現代版のニューグラスのようなものというか、ブルーグラスに縁のない方にも違和感なく聞いていただけると思います。

 かっこいいです。2番の曲はU2のカバーです。

 メンバー全員がものすごく上手です。聞いているとため息がでそうです。

 一度は生で彼らの演奏を見てみたいです。

 AndyのソロCDについても後日紹介させていただきます。あんな風に弾ける様になりたいゾ

 ドブロざえもんの修行の旅はつづく、、、、。Things That Fly




 







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス