ドブロざえもん、修行の旅                ドブロざえもん、修行の旅 中部ブルーグラスドブロミーティング
FC2ブログ

フェス後記、雑記

拙者の今年のフェスも多治見ブルーグラスフェスにて終了いたしました。
まぁチビっと今回は音楽、ドブロの話から少し外れるかもしれませぬがご勘弁くだされ。

以前からお話しさせてもらっておりますが、拙者には四人の子供がおりまする。
一番上は、もうあまり拙者に付いてきませんし、一番下はまだ小さすぎる。
必然的に一緒に出歩くのは、二番目の娘とぼうず。
この二人はどこでも喜んで付いてきてくれる。
今年は、
北陸フェス
滋賀フェス
多治見フェス
の三つのフェスに参加させていただきました。
出来れば、もう少し遠いところのフェス、例えば美星フェス、箱根フェス、いつかは観に行きたい宝塚(*^^*)などにも行きたいが、様々な理由から拙者にはなかなか難しいのです。いろんなところにお会いしたいプレイヤーの方がおられます。いつかは絶対いくゾ。
来春からは、更に厳しくなるので、ひょっとしたら一番下のチビは背負って子供三人と参加せなあかんかなぁ。

去年の滋賀フェスに初めてチビ達を連れて行きました。
チビ達は、今年もフェスに行く!と言ってくれましたので今年は北陸フェスから一緒に参加。
そこで、参加できなかったため、助っ人いただいたいつものジャム仲間のK氏
の娘さん登場。うちの娘とは一つ違い。子供はすぐ他の子供と仲良くなる。またあの凄腕ドーグバンド、ドーグ○クスぺリエ○スの凄腕ギタリストI氏の息子さんとうちのぼうずは同じ年。他にもこられていた方の子供三人とみんな走りまわる、遊びまわる。
フェス会場横で開催されていた綱のぼり(すみません、正式な名称がわかりません(^_^;))では、チビたち全員で担当の方々に、綱のぼりならぬ、ブランコをして遊んでもらってました。申し訳ございませぬ。子供たち恐るべし。
夜には、その子供の母上様にその子供さん達と一緒に風呂までいれていたぢきました。感謝感謝です。そのおかげで拙者はフェスを堪能させていただきました。
滋賀フェスでは、ブログにも書かせていただいたとおり、初めてドブロ弾きの集い、Chubu Dobro meetingを開催させていただきました。
まぁ、自身かなり悩みましたし、いろんなことを考えチビ達を連れていっても面倒みれんかもしれんし、しかも当初雨予報、今回は辞めとこう。
しかし会場にはK氏の娘さんが、うちのチビ達が来てないことを伝えると寂しそうな顔、あぁ~、やっぱ連れてこりゃよかったなぁ。しかも天気は回復、なんだかなぁ。
一応無事、ドブロミーティングは無事終了。ご協力いただきました方々、プレイヤーの方、ありがとうございました。

よしっ!多治見フェスにはチビ達連れていくゾと心に誓った拙者。
もちろん多治見フェスには同行、雨降りにもかかわらず。
会場には、K氏の娘さん、I氏の息子さんも登場、喜びまくるうちのチビ達。
雨降りの中、走りまわる、走りまわる。遊びまくる、遊びまくる。拙者は風邪ひかんかなぁと心配したが、みんな一緒だな、しかも拙者なりにやらなければならないことがあったし、ブログを通じてやり取りをさせていただいていたラップスティール奏者の方とお会いする約束をしていただきましたのでお会いしました。
ここでも、ドブロの集い、Chubu Dobro Hangoutを開催させていたらだきました。前回は初めてとのことで、名称も思いつきでしたが、前開催の反省を踏まえ、ドブロ弾きのたまり場を作るという意味から、再度熟考しこの名称にしました。以降はこれでいきます。
夕方になっても子供達はみんな相変わらずハイテンション、雨でベタベタ(^_^;)おい、おい、大丈夫か?
しかも気がつくと、いたるところのタープ、などに入りこみ、ご馳走になっている。う~ん子供は凄いなぁ~。そしていろんな方に遊んでもらっている。あぁ~、やっぱフェスはえぇなぁ。ありがたいです。感謝感謝。
またぼうずはI氏の母上様に一緒にお風呂にいれていただきました。
雨、たまり場のタープの管理、いろんなことでふらふらでした。夜になって物凄く上手い方をお見かけしました。拙者はお願いして、明日一緒にステージに出てご指導いただけないかなぁと考えたのですが、かなりお疲れ状態で、こんな状態ではお話しできんなぁ、明日の朝にしよ。
これが裏目に(^_^;)
翌朝、その方を捜しましたら、おられましたが椅子に座って爆睡されておりました。
しばらくお待ちしましたが、起きられる様子でなく、ドブロ弾きの打ち合わせ、練習の時間になりやむなく断念いたしました。
おぅ、なんてこったい
って確か昔アニメのポパイが言ってたなぁ。しかもあの音楽はフィッシャーズホーンパイプだったなぁ。関係ないけど。
バカ馬鹿ばかバカわしの馬鹿!
せっかくドブロ弾きの方とお知り合いになるチャンスだったのに。
申し訳ありませんでした。
今後に生かします。
多治見フェスの心残りです。

子供達は最後の最後まで遊びくるってました。
帰りも名残りおしそうでした。
K氏の娘さん、ご家族の皆様、I氏の息子さんご家族の皆様、チビ達の相手をしてくださった皆様ありがとうございます。楽しいフェスを堪能させていただきました。来年は滋賀フェスはお休みされるそうですが、また来年も参加させていただくつもりです。チビ達共々来年もよろしくお願いいたします。ドブロの集いも開催させていただく予定です。

そして、いつかK氏の娘さんやI氏の息子さん達とうちのチビ達がみんな大きくなってフェスなんかで一緒にジャム、演奏なんかしてくれたら素敵だなぁと(*^^*)

そして、拙者はこんないつまでたっても上達しないドブロ弾きです。
何処ぞで見かけられましたらお気軽に声をかけてくださいませ。
また拙者はドブロざえもんという名前のmixiの住人でもあります。こちらでもお気軽に声をかけてくださいませ。

すみません。次回からまたいつもどおりドブロの話に戻ります。

つづく

すみません、ポパイの曲はセーラーズホーンパイプでした。ご指摘いただきました、らんげさんありがとうございました。
スポンサーサイト



Chubu Dobro Hangout in 多治見フェス後期 当日

んで、もっていよいよ10月16日当日。
前日、一緒に出ていただく方には、8時に集合とお伝えしました。
しかし、Yくんは、Dobro Hangoutの出番の前に、自身のバンドの出番なので、集まれないとのことでした。
まぁ、彼なら演奏前に伝えれば大丈夫だな。
ここで、打ち合わせ、曲の順番なんぞを決めたのです。
頭とエンディングだけ決めておきました。
Reubenは、K氏と拙者の二部のイントロ、エンディング、Foggy Mountain Rockは神戸大のTくんがキックオフをしてくれる。同じくMくんも音を拾ってステージに出てくれる。

そして、ステージ。5人揃ったゾ。
んでもってなんとか三曲終了(*^^*)

途中、段取りと違ってしまったところがあったが、それは、K氏によるフォローによるもので、そのおかげでなんとかなりましたな。
チビっと段取りが変わってしまい、Tくんのソロが半分になってしまいました。
大変申し訳ありませんでした。

なんとかステージも終え、折角だからと写真を撮りました。
それがこれ、

こうやって写真を撮らせていただける方が増えるといいなぁ。

今後も続けさせていただきたいと思っております。
名称は今後も、

Dobro Hangout

でいきます。皆様会場など、お会いできましたら、お気軽に声をかけてくださいませ。そして普段はドブロ弾きでない方もドブロを抱えてご参加くださいませ。

それと、Hangout(たまり場)の目印にと自作しているTシャツ、欲しいゾと言っていただいた方がおられました。びっくりしましたゾ。こんなことならたくさん作っていくべきだったかな?

Tくんは、宝塚にも来てくださいと言ってくださいました。彼にとっては地元のフェスになるのですね。

宝塚かぁ、お気軽に観客として参加させていただくのもええかも(*^^*)

ドブロ弾きのみなさま、またフェスなど、一緒にドブロを弾きましょうゾ。

いざっ、多治見フェスへ、Chubu Dobro Hangout

やっとこさ、今回の目印になるTシャツができたゾ(*^^*)
今、午前1時半、明日も6時起きなのに大丈夫か?わし。


写真の出来は急ぎなので御勘弁くだされ。
今回はなんと、RQ Jones。
中部を代表するバンド、オールザットグラスのK氏の愛器です(*^^*)

日にちが変わったから、いよいよ明日だな(*^^*)

多治見フェスでも、ドブロ弾きの皆様、このTシャツを目印にお越しくださいませ。そして、ヘタクソなドブロ弾き、ドブロざえもんと遊んでくださいまし。

滋賀フェス、Chubu Bluegrass Dobro Meeting

わ、わしとしたことが(^_^;)
あれ、滋賀フェスの写真がないがや?
わしのブログを探してもないがや?

記事を確認すると、なんと下書きのままだがや( ; ; )
わしのバカ。

Bluegrass camp in Shigaにおいて開催させていただいた
Chubu Bluegrass Dobro Meeting
でのステージの写真をいただきました。
くらま楽器のYさんありがとうございます。





う~ん、やっぱこれだけドブロ弾きが揃うといいですね~。
しかし、悲しいかな、半分以上の方が中部の方ではないんだなこれが(^_^;)

しかし、やはり上手な方の演奏を見て聴くのは、非常に勉強になりますね。
モチベーションも上がります。

顛末記その2 中部ブルーグラスドブロミーティング

な、なんと、、、撮れてない(T_T)
せっかく、『わし、iRig micまで持って来たもんね。これで、iPhoneで撮るゾ。』
と意気込んで、三脚にiPhone、マイクスタンドにセット(*^^*)

しかぁし、演奏が終わって見てみると?
ありゃりゃりゃ、なんで、画面が落ちとるんだ?
そこで、思い出した。録画中になんかの拍子に止まることがあるって誰か書いてたな(T_T)
なんでこんな時に、、。はぁ~。

そんなこんなで、ステージを後にし、設定場所へ。

早速、Sugar on TopのN氏がご愛用のシアホーンを展示にご協力いただきました。感謝感謝です。

そこへ、大学生プレイヤーの方が来られました。
大学に入られてからドブロを始められたそうで、いろんなドブロに興味津々(*^^*)
ずっとドブロを弾き続けてくださいねと心で念じつつ、いろんなドブロを弾いていただきました。

他にも学生の方に来ていただきましたし、ドブロプレイヤーでない方にも来ていただきました。
Mixiで、マイミクになっていただいたN氏と同じバンドのM氏にもお会いするこのができ、とても嬉しかったなぁ。
M氏のことは、私が最初に入れていただいたバンド、スケアクロウのマンドリン弾きの方の後輩にあたられる方で、私はそのマンドリン弾きから、M氏のことを聞いていたのです。ほんとに人との縁とは不思議なものですね。

夜には、
『ドブロざえもんさんは、どなたですか?』
と、一人の方が訪ねてこられました。

その方は、滋賀のH氏でした。今現在はDeep River Bluegrass Bandでドブロを弾いておられます。なんとお年を聞いてビックリ。70歳になられるそうです。とてもそんなお年には見えません。キラキラと目を輝かせて話をされる様子は、ドブロ小僧そのものです。
(すみません。大先輩に失礼な表現をお許しください。)

私が会いたかった方の一人です。
実際お会いしたことはありませんが、何度かメールのやり取りをさせていただいてました。マニアックなカポの話です。氏はカポなどを自作されます。
以前に作られたカポの写真なども送っていただいてます。

ドブロについて、カポなど、私も嫌いではないと言いますか、得意な分野でお話をさせていただき、また氏の楽しい話を聞かせていただき、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。

私は、ドブロや、バーの試奏の他にも、アンケートや記念撮影、ドブロ開封実演など、いろいろ企画を練りましたが、試奏以外は何一つ出来ませんでした。
そういう意味では、今回の企画は失敗だったのでしょう。
アンケートについても書いていただく機会を掴み損ねましたし、記念撮影をするタイミングも掴めませんでした。

ミーティング最後に今回目印に使用したミーティングTシャツをジャンケンで差し上げるというのも、うまくいかず、結局、帰りがけにお会いした神戸大のドブロプレイヤーの方に差し上げました。
私はどなたかに差し上げるつもりで、フラッグではなくTシャツを作ったのです。

今回のミーティングについて、私の力不足であったことをお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。

しかし、私個人にとっては非常に有意義なミーティングでした。
そしていろんなことを学びました。

今考えてみれば、当然だがや!と思うようなことでも、やってみなければわからなかったのです。

フェス会場でのミーティングのやり方もそうです。
みなさん、フェスに来ているのです。みなさんいっぺんに集まれるはずがないのです。当たり前ですよね。

そして何も気負ってやる必要はないんだと。
フェスに来られた方が、来られる時間に来られる方に寄っていただけばいいんですね。
それだけでも、ドブロ弾きの横の繋がりは出来るんですね。
目的は、ドブロ弾きの方の交流の場を作ることでした。

そして、集まりの会の集大成が、ドブロ弾きみんなでのステージが出来ればいいな、と。

私は今回気負い過ぎて、ステージは見に行けませんでした。 場所を離れるのは心配だったのです。他のプレイヤーの方からお借りした楽器にもしものことがあっては大変です。
風で倒れて傷でも付けてしまっては申し訳ありませんではすみません。
この辺りのことも次回に生かします。

ん?次回?おまえなんか考えとんのか?

と言われますでしょうが。

むふふ、やるヤルやるヤル、やりますゾ。

第二弾、In Tajimi(予定)ですぢゃ。

今回のことを踏まえて名称も替えます。
今後はこれで行きますゾ。

名称は、、

つづく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おすすめサイト
サウンドハウス サウンドハウス